楽しいとき、癒されたいとき、どきどきするとき。シーンと気分に合わせて選ぶ今日の一皿は、いつでも一期一会。
お気に入りのメニューを自分らしい感性で自由に解釈すれば、訪れるたび新しい「食」との出会いを楽しめるはず。
DISH / ME ―― 旬の食材を盛り付けるように、その日の気分に一番「似合う」メニューをチョイスして。