JP

2020.12.01 [ WINDOW ]

WINDOW DISPLAY “小さな歓びを願う。“

  • WINDOW DISPLAY “小さな歓びを願う。“
  • WINDOW DISPLAY “小さな歓びを願う。“

1 /

NEWoMan SHINJUKU HOLIDAY WINDOW DISPLAY
“小さな歓びを願う。“

・作品にかけた思い
今回のウィンドウで使用したツリーやオーナメントなどの装飾品は、NEWoManのクリスマスのために特別に取り寄せました。
クリスマスツリーやオーナメントは、ポーランドとエストニアから。テーブルの上の造花はオランダから。
ヨーロッパのアンティーク家具(古いもの)と最新のクリスマス装飾(新しいもの)をミックスした演出を施しました。

1点1点、他ではなかなか見ることが出来ない装飾となりますので、
新しい発見をこのウィンドウで体験してもらい、ほんの小さな歓びを皆様と共有出来れば幸いです。

・皆さまへ
“小さな歓びを願う。“というテーマの下、家で過ごすクリスマスを演出しました。
小さな歓びとは何だろう?と考えた時、いつも過ごしている自宅ゆっくり過ごす時間、友人、家族が過ごす場所で、
何気ない会話や時間を共有できる事が、ホッとする小さな歓びと思いました。
当たり前の出来事だけど、この時間が自然と緩やかな顔になる時間です。
小さな歓びを願うことは、実は私たちにとって一番必要で大切な行為かもしれません。

・プロフィール
Christmas decoration: 斎藤アツコ / Atsuko Saito
大学卒業後、都市の再開発と居空間の企画コーディネートに携わる中で、ライフスタイルと花のある生活が密着する
オランダスタイルのフラワーアレンジメントに心惹かれるようになり花の世界へ。
ヨーロッパ各国での研修を重ね、オランダBoerma Instituut にて
マスターフローラルデザイナーディプロマ取得後、
同校にて日本人学生への通訳を担当、デザイナーとしてもクラスを受け持つ。
1998 年に独立し、2013年に株式会社ヘルモーイを設立。
今までの経験と培ったコネクションを活かし、ヨーロッパの花文化とライフスタイルに特化したサービスの提供を行う。
本格的なヨーロッパスタイルの大原則である「色彩トーンの一致」を得意とする他、
頻繁にヨーロッパのフラワーイベントに参加する中で得られるトレンドとアイディアをふまえ、
非日常を演出するフラワーデザインを行う。
ヨーロッパ直輸入の花器や資材を使用し、イベントでのデモンストレーションや講演、コンサルティングなど多方面で活動を展開している。

https://www.heelmooistyle.com/

Share

  • twitter
  • facebook