Message from NEWoMan:"澄んだ想いを未来へつなぐ。"

2020.2.19

・作品にかけた思い

澄んだ想いを未来へつなぐ。というテーマから、古代の人類の手によって汚れていない、無垢な森と湖を連想し、このグラフィックをデザインしました。
汚されていない自然の森から海へ流れ出た水は、とても澄んだ汚されていない水です。
そして、天井からさげられた4つの布は、透明度の高いオーガンジー生地を使用し、木漏れ日が差し込む森の中をイメージしました。
オーガンジーは本来ウェディングドレスなどに使われる非常にフェミニンな素材ですが、今回は要素を削ぎ落とした仕立て方にまとめることで、昨今のナチュラルマインドにフィットするようなクリーンな質感とムードを目指しました。
 

・皆さまへ

今回、提供されたグラフィックに布を合わせるディレクションを担当しました。
このウィンドウで使用している薄くやわらかいオーガンジーは、わずかな風にもゆらゆら揺れたり、光の影響や、向こう側の景色が透けて見えるなど、その場所の条件によって見せてくれる表情がガラリと異なります。
シンプルでおおらかな存在感と、コントロールしきれない自由さ。
布がつくる空間には、型にはまらない心地よさがあると思います。
新しい季節へと向かうこれからの時期、重く厚いカーテンを外して、新鮮な空気を取り込むかのように透け感のある布にかけかえてみるのも良いかもしれません。

・クリエイタープロフィール
Textile Designer
庄司はるか Haruka Shoji
ロンドン芸術大学卒業後、建築設計事務所、テキスタイルデザイン事務所勤務を経て2018年独立。
建築家との協働をメインに、空間向けのテキスタイル提案を行う。
https://harukash.com/