NEWoMan ART wall. vol.17 津上みゆき w/ ANOMALY

2019.6.10

NEWoMan ART wall. 第17回目の展示となる今回は、ANOMALYのご協力のもと、津田みゆきさんの作品を展示しています。

津上みゆきさんは、1996年NY滞在中に作品について再考する機会を得て、帰国後に改めて自分の絵画を探求し始めます。
2003年若手画家の登竜門であるVOCA賞を受賞。2005年倉敷・大原美術館が行う滞在制作プログラムにおいて、日々のスケッチを元に風景画を描くという、現在まで続く制作方法を確立。
一般的なviewの意味である眺めや風景を超え、「考え、見方」を意識した制作に取り組んでいます。

2013年五島文化財団美術新人賞受賞。風景画誕生の地と言われるイギリスに滞在し、制作するとともに、過去の風景画家とその作品についての研究と制作を行いました。
主な個展に2005年「ARCO 津上みゆき」(大原美術館)、2013年「View-まなざしの軌跡、生まれくる風景」(一宮市三岸節子記念美術館)、2015年「日本の風景、ウッカーマルクの風景」(ドミニカナークロスター・プレンツラウ/ドイツ)、2018年「時をみる」(上野の森美術館ギャラリー)があります。

期間:2019年5月31日(金)~6月22日(土)
場所:NEWoMan ART wall. (新宿駅ミライナタワー改札横)

すべての画像:©Miyuki Tsugami / Courtesy of ANOMALY